パン・デ・デューの〈視点〉を探れ!

〈 "対立" から "協力" の 世へ 〉… そんな 想いと 共に 歩む Global Duo の "Piano Forte - Artist" Yuki が 楽器を ペンに 持ち換え 文章での "表現" に 挑んだ〈エッセイ集〉。(★/☆付きカテゴリー項目を開けると目次が登場します。)
Pan des Deux(パン・デ・デュー)
※ さらに詳しい 個別プロフィール付き 公式 プロフィールその他の情報
http://www.pancore.com


profilephoto

ピアノであまたの姿を演じ分ける Yuki と、牧神の竹笛パンフルートを斬新に操るスイス出身の Walti との国際デュオ('96結成)。躍動感を大事にすることから、「バレエ用語 Pas de Deux(パ・ド・ドゥ=男女ペアの踊り)」をデュオ名のヒントに。

いわゆる「癒し系楽器と伴奏」スタイルとは一線を画し、双方が異なる個性を絡ませ放たれるハーモニーの妙が聴き所となる稀有な存在。

ドビュッシーやラヴェルなどを出発点に、今や《 ジャンルを超えた世界掘り出しもの名曲群 》を独自アレンジで紹介するユニットに変貌。

実力とパフォーマンス性を兼ねたドラマチックなステージは、観る者を圧巻の世界へ魅き込んで止まず、《 光と色彩の音空間 》《 東西を飛び交う音の花火 》などと形容されている。

『正反対の異文化を融合させ新たな文化を創る』を主旨に、東西をまたいで活動。'05年には「愛知万博」でも招待演奏。

原点である《 アコースティック・フルコンサート 》の他、これまで多岐に渡るロケーションやシチュエーション(豪華客船、、大使館、美術館、寺院、教会、野外、プラネタリウムなど)で演奏してきた経験を生かし、《 シンセサイザーを用いた「プラネタリウムでの星空コンサート」》や、《 アート・ダンスなどとのコラボレーション・パフォーマンス 》にも意欲的に取り組んでいる。

'04年、'07年、'09年、「アローザ国際パンフルート・フェスティバル」(於:スイス)にて招待演奏し、ヨーロッパのパンフルート界に新風を吹き込む。スイス以外ではイタリア、ドイツ、オーストリア、ベルギー、韓国にて演奏。

現在は約15年間続いた日本での活動をあえて休止し、新境地開拓及び長期的視野で見据えたクォリティー・バージョンアップのため「個別の新活動と充電」を重視する傍ら、欧米向けプロモーションに専念中。パンフルート界の新たな扉を開く役目も担い、今後のグローバルな展開が期待される。