パン・デ・デューの〈視点〉を探れ!

〈 "対立" から "協力" の 世へ 〉… そんな 想いと 共に 歩む Global Duo の "Pianoforte - Artist" Yuki が 楽器を ペンに 持ち換え 文章での "表現" に 挑んだ〈エッセイ集〉。
(★/☆付きカテゴリー項目を開けると目次が登場します。)
<< Happy 2015 | TOP | 波長(vibration)が決め手 >>
Art Festival in ITALY
イタリアはミラノ近くのとある Art Village (芸術村) に滞在中です。

先週は1週間の合宿同然リハの後、こんなアートフェスティバル に出演しました。

ドイツ人俳優(兼ダンサー) Helmut が、イタリア女性アーティスト Francesca の作品 へのオマージュとして1/3ほど考えたダンス表現の筋書きの残り2/3を共にふくらませていきながら、音楽での肉付けもさせていただき、約30分のコラボレーション・ステージ・アートを共同で作り上げました。メッセージ性の濃い哲学的傑作内容に仕上がり、計4回ステージ全て盛況で評判も上々。8月上旬には再演の可能性も。

「パン・デ・デューで」というより、即興ピアニスト Yuki Soh (from Japan) と、即興パンフルーティスト Walti Bucheli (from Swizerland) で参加。それぞれソロでダンサーの動きに即興で反応する場面も多々あったし(もちろんデュオ演奏の場面も一部あり。また、フランス男性ドラマーも加わりトリオ演奏の場面も)。皆で終了後に映像を見た際には、「それぞれのソロが Helmut の動きにドンピシャリでミラクル!」との称賛をいただきました。

パン・デ・デューでもつくづく思うことですが、波長の合う相棒やチームと共に創作活動をすると、1+1=2 どころの騒ぎじゃないものがうまれ、鑑賞して下さる側にもそれが当然伝わり、さらなる感動の渦となってフィードバックされたりします(これがあるからやめられない…?)。今回は共同制作をしながら「アート」を通して異分野・異言語のバリアを越えたチームワークが自然に出来上がった感じですが、この相互理解が生まれたところで少しのリフレッシュ後再演…となると、さらにクオリティー・アップされた「アート」が出来るのでは?…と各メンバーが密かにほくそ笑んでいるところではあります。

真のアートとは? これからの真のアーティストとは? などの意見交換、及び、エネルギー交換(?)もできた非常に有意義な交流の機会にもなりました。
09:03 | ☆ Other Activities in EUROPE | comments(0) | trackbacks(0)| - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://pandes.jugem.jp/trackback/937
トラックバック