パン・デ・デューの〈視点〉を探れ!

〈 "対立" から "協力" の 世へ 〉… そんな 想いと 共に 歩む Global Duo の "Piano Forte - Artist" Yuki が 楽器を ペンに 持ち換え 文章での "表現" に 挑んだ〈エッセイ集〉。(★/☆付きカテゴリー項目を開けると目次が登場します。)
<< 「テラノ '13」満員御礼 | TOP | 「テラノ '13」レポ(by T さん) >>
「テラノ '13」セットリスト
まずは当日のセットリスト(プログラム)を載せておきます。(黒字 は、クリックすると 原曲が 試聴 できます。)

尚、(Heidy & Yuki) は、Heidy が上パート(Primo) で Yuki が下パート(Second)
  (Yuki & Heidy) は、Yuki が上パート(Primo) で Heidy が下パート(Second)・・という意味です。

また、コメント欄に少し注釈を記しておいたので、この記事は記事下の comments 欄もクリック して同時に御覧下さい。
=======================================

P r o g r a m 機
 小舟にて “小組曲”より                C. Debussy (Heidy & Yuki, + Walti)
 〈 Yuki MC 〉
 オーベルマンの谷 “巡礼の年:第1年「スイス」”より  F. Liszt    (Heidy Solo)
 情熱の語らい                   E. Gismonti (Yuki Solo)
 〈 Yuki MC 〉
 ラプソディー・イン・ブルー          G. Gershwin (Yuki & Heidy)


P r o g r a m 供
 〈 Walti MC 〉
 マ・メール・ロア(=マザー・グース)       M. Ravel   (Heidy & Yuki, + Walti)
  1. 眠れる森の美女のパヴァーヌ
  2. 親指小僧
  3. パゴダの女王 レドロネット
  4. 美女と野獣の対話
  5. 妖精の園
 〈 Walti MC 〉
 ミケランジェロ ‘70               A. Piazzolla   (Pan des Deux)
 道 化 師                       E. Gismonti  (Pan des Deux)
 Prelude in Sofia                  P. Weekers  (Pan des Deux)


E n c o r e:
 おぼろ月夜              作:岡野貞一 / 編:Yuki  (Yuki & Heidy, + Walti)
23:48 | ★ Acoustic Concert @ テラノホール | comments(4) | trackbacks(0)| - |
コメント
小舟にて/マ・メール・ロア(1. 3. 5.のみ抜粋)/おぼろ月夜

・・は、Pan des Deux の 1st Album ↓
http://pandes.jugem.jp/?eid=266
にも収録されている、ひと昔前の我々18番的レパートリーでした。

久々に、しかも原曲の四手連弾のままの楽譜を使用し、Trio 仕様にアレンジ(所々ピアノだけでは出せないニュアンスもパンフルートで加味され)の上、演奏出来、新鮮な気分で楽しかったです。

(多分、世界初の試みかも???)
2013/04/22 12:11 AM by 注釈(その1)
マ・メール・ロア(=マザー・グース)は、一話ずつ短くまとめた「曲と同内容の童話」を、1曲ずつ演奏前に Walti が絵本片手に朗読し(日本語で)、言葉と音楽の相乗効果で状況を絵のように思い浮かべていただく、という工夫をしました。

「美女と野獣の対話」のみ仏語の原詩にある対話部分(楽譜にも印刷されている)を、ハイジ=美女役 ウォルティ=野獣役 で、実際にやりとりしていただきました。(配布プログラムに日本語訳記載の上、実施)
2013/04/22 12:18 AM by 注釈(その2)
Prelude in Sofia では、原曲ではパンフルートとヴァイオリンがアカペラで即興的にちょっとおどけながら絡み合う場面があるのですが、我々は今回初アイディアで、私がピアノを突如止めて、こっそり隠してたチビ・パンフルート(このために私仕様の購入!)を取り出し立ち上がり、自由気ままに吹いてる Walti に歩み寄って音で絡み合う・・というパフォーマンスを取り入れました。(ひとしきり絡んだ後は、後ずさりして吹きながらピアノに戻り、パンフルートを置き、ピアノで「ゆったり中間部」に何事も無かったかのように復活)
2013/04/22 12:28 AM by 注釈(その3)
注釈というほどでもないですが・・

おぼろ月夜のエンディングでパンフルート伸ばしてる最後の音のあと「ホーホケキョ」とウグイスの鳴き声つけたのは・・

・・Walti の咄嗟の思いつきでありましょうなぁ・・。
2013/04/22 12:36 AM by 注釈(その4)
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://pandes.jugem.jp/trackback/836
トラックバック