パン・デ・デューの〈視点〉を探れ!

〈 "対立" から "協力" の 世へ 〉… そんな 想いと 共に 歩む Global Duo の "Piano Forte - Artist" Yuki が 楽器を ペンに 持ち換え 文章での "表現" に 挑んだ〈エッセイ集〉。(★/☆付きカテゴリー項目を開けると目次が登場します。)
<< Cafe で勉強 | TOP | もう1つの勉強 >>
打ち明け話
突然ですが我々は今ね、 結成からは16年経ってるかもだけど “本来あるべき形”としてスタートラインに立ったのは、つい1年半ほど前の テラノ・コンサート '11(Vol.5)と自分達では思ってるんです。本当は極端な話、それ以前のイメージは払拭してしまいたいくらい。(まぁ、あの時代があるから今があるんだけど。)

客観的に見ても 2010年(Vol.4)の感想2011年(Vol.5)の感想 とを見比べると何かが明らかに違う。

私のウィーン修行の Before か After か、というのも大きいし(技術的なことより精神的なことで特に)。デュオとしても、あえて「媚びることをやめよう」と、信じる世界を貫いて打ち出したら逆にそっちの方が大当たりだったことがわかった「あのコンサート」。長年、外野の声や扱いに付和雷同の経過もたどったりしたけど結局「芯」は、出発原点の頃からお互いぼんやり思ってたことで、その「ぼんやり」が「くっきり」に変わる境目になった「あのコンサート」。

Pan des Deux と聞いて人それぞれ色んなイメージをお持ちでしょうが、実は真の Pan des Deux は「あのコンサート」で産声をあげてるんです(「あの場」にお立ち合い下さった方はラッキー)。「誕生した」途端「これから歩くべき道の整備(?)」や「さらに極め続けるための燃料補給」が必要で Live 休止を余儀なくされてもどかしいけど(歩く土壌から変わってくるので、「旧イメージ一旦リセット」のためには、今までと同じ流れの中でのことは「あえてしない」・・という考えも)、もう元には戻りたくないからこそココでふんばらねば。

来るべき時が来れば「音」で「そういうことだったのか!」って感じにお伝えできる自信があるので今の時点で中途半端に説明したくないし、説明しても今は「奥歯にモノの挟まった言い方」しか出来ないのですが、「説明しなさ過ぎもなんかなぁ」と、今日はふと「これだけは」と思うことを漏らしてみました。
17:19 | ★ 芸術家らしい真面目な話 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://pandes.jugem.jp/trackback/759
トラックバック