パン・デ・デューの〈視点〉を探れ!

〈 "対立" から "協力" の 世へ 〉… そんな 想いと 共に 歩む Global Duo の "Piano Forte - Artist" Yuki が 楽器を ペンに 持ち換え 文章での "表現" に 挑んだ〈エッセイ集〉。(★/☆付きカテゴリー項目を開けると目次が登場します。)
<< 「テラノ '11」ただいま耳コピー中 | TOP | 「テラノ '11」予告(by Tさん) >>
演奏に必要な心
またまた知り合いミュージシャンの受け売りではありますが、大変共感できる言葉なので、ご紹介させていただきます。

音楽をするのは、何か客観的なものに内在するデータをみんなに伝達すること。客観的なものは、ある人は神と呼んだり、またある人は自然と呼んだりするだろう。それは何と呼んでもいい。ただ、音楽をするのは、個性と才能で満ち溢れている自分を表現するためだと考えるのはおこがましい。偉大な音楽家ほど、自己の音楽に謙虚なものである。音楽をやらせていただいているという謙虚な心こそ、ミュージシャンとして一番重要なことである。』

「演奏」って何のため?』という記事でリンクさせた『ピアニスト友達「中村力哉さん」のブログでのコメントやりとり内容』にも少し通じます。
12:54 | ★ 芸術家らしい真面目な話 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://pandes.jugem.jp/trackback/491
トラックバック