パン・デ・デューの〈視点〉を探れ!

〈 "対立" から "協力" の 世へ 〉… そんな 想いと 共に 歩む Global Acoustic Unit の ピアニスト が 気ままに綴る〈エッセイ集〉。
(★/☆付きカテゴリー項目を開けると目次が登場します。)
<< 即興ライブ '09 11/5 おしらせ | TOP | エアジン壁に私の写真がっ!? >>
即興ライブ '09 11/5 終了
今回は初めてソロ即興も1曲ずつやりました。私のはまだ未知数として、ウォルティの「ループするパンフルート音で彩られていくサウンドスケープ」・・身体ごと包まれる、というか・・トランスしますよ〜〜〜。パンフルートの固定観念を捨てて騙されたと思って1度アレ体感しないと損します!(笑)ひいき目でなく、あんな試みを実践してるパンフルート奏者は世界広しと言えど、彼だけでしょう。

次回は 2月11日(木・祝)16:00 start日中 ですので、よろしくです。

演奏は瞑想に似てるな。あるのは「今この瞬間」のみ。特に即興だとそういう要素が強くなる(そうじゃなきゃ出来ない、というか)。心身共に「空」にし、何かが「出来る自分」と「出来ない自分」との両方を上手く捨てる事が出来た瞬間に初めて「新たな物が生まれる」様な気がする。(人生にも応用出来る?)

その時々の場の雰囲気とかにも左右されて、計算や邪念が入る時もあり、常時その「とらわれない」状態に持っていけるとも限らないけど、上手く「ハマる」と「おぉっ!」て自分でも驚く事が起こる。

「テクニック鍛錬」ってより「精神修養」と「感性の引き出し増やす事」が鍵
だな。今後の反省にしよう。

ちなみに、即興演奏について私の言葉の足りない部分を、友人ジャズピアニスト中村力哉さんが見事に解説(?)しておられるので、少し長いですが、是非 コチラ をお読み下さい。(コメントやりとり主は私です。)
02:40 | ★ Free-Impro Live @ 横濱エアジン | comments(0) | trackbacks(0)| - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://pandes.jugem.jp/trackback/211
トラックバック