パン・デ・デューの〈視点〉を探れ!

〈 "対立" から "協力" の 世へ 〉… そんな 想いと 共に 歩む Global Duo の "Pianoforte - Artist" Yuki が 楽器を ペンに 持ち換え 文章での "表現" に 挑んだ〈エッセイ集〉。(★/☆付きカテゴリー項目を開けると目次が登場します。)
プロローグ ★ はじめに
Piano であまたの姿を演じ分ける Yuki牧神の竹笛 Pan-Flute を斬新に操る Walti
世界に類を見ない 火花散るコラボ Pan des Deux

・・ある時は 叙情的 で、ある時は 情熱的 ・・。

多面的奥が深い その音楽世界の 誕生カラクリ込められたメッセージ
〈探りながら〉お読みいただけたら嬉しいです。

110214_1132~01_0001.jpg


    >> Official PROFILE(個別プロフィール含む) C l i c k !
    >> Official PHOTO GALLERY → C l i c k !

    >> 初めて聴いて下さった方々 の 感想 → C l i c k !
    >> リピーターやファンの方々 の 感想 → C l i c k ! 注目


    >> 星空コンサート@プラネタリウム の 感想 → C l i c k ! new
12:40 | - | - | -| - |
☆ 踊るピアニスト(INDEX)
'15秋から、積年の念願だったフラメンコ習ってます。始めてみて知りましたが「本国ではフラメンコと言うと、踊りより音楽がまず先」というくらい音楽も重要な要素を占めてるそうです。「フラメンコジャズピアノ」というジャンルもあると知り、いっそのこと、いずれは本業にもエッセンスを取り入れよう、と新たな野望も渦巻いてます。関連記事もたまってきたので、新たに専用カテゴリーを設けることにしました。



2017年12月 (2回目おさらい会)
フラメンコおさらい会 / ごめん!ガラ悪くて...

2017年7月 (初発表会)
デビュー戦突破! / まだあるんだこれが

2017年5月〜(初発表会着々準備)
舞台用ヘアメイクの講習会 / フラメンコ発表会 チラシ
Countdown... / あれよあれよと…

2016年12月 (初おさらい会)
踊るピアニスト

2015年12月 (レッスン開始後1ヶ月経過)
フラメンコ、もうやってたりして...
12:39 | ☆ 踊るピアニスト | comments(0) | trackbacks(0)| - |
☆ PHOTOS(INDEX)
(我々の映った)写真を載せたくて書いた記事集。
2人の 主に演奏時以外の オフタイム・スナップ・アルバム?
(演奏時のは、むしろ ココ とか ココ とか。)

090219_1011~01_0001.jpg 091015_1559~01_0001.jpg
(尚、2017年以降のフラメンコ関係写真は
「☆ 踊るピアニスト」という新カテゴリー集 に移動しました。)


2018年 new
ごめん!ガラ悪くて... / 半世紀生きたドヤ顔

2017年
踊るピアニスト / しゃがむパンフルーティスト / Fresh Steps

2016年
海の祭 / Everything is OK.

2013年
パイプオルガン de パンデ (@スイス)

2012年
Zzzzz...(1回休み?) / Welcome to Our New Gallery !!!
ごめんなすって... / お控えなすって...
2ヶ月ぶりの Walti / ちなみに / Rhapsody in Blue 近日公開

2011年
只今熱演中

2010年
ウィーンで頑張ってた証拠 / エアジン写真

2009年
スケルトンピアノ / スケルトンピアノを遠くから
箱根写真美術館にて / やれば出来んじゃん?アタシ達
01:06 | ☆ PHOTOS | comments(0) | trackbacks(0)| - |
半世紀生きたドヤ顔
「ダテに生きとりまへんおすえ。」



...失礼しました。
10:45 | ☆ PHOTOS | comments(0) | trackbacks(0)| - |
春近し
(火)に誕生日迎え、Walti に薔薇をもらいました。(撮影も Walti)
…綺麗…ちっちゃい妖精にでもなって、花びらに埋もれて遊びたい…。
(「薔薇」って漢字からして画数多くて、いかにも幾重もの花びらのよう。)



今年は確定申告、初めて親の分までやったという(計4人分=発狂寸前?)。
毎年、コレが終わると「春が来るぞー」と思います。

人生100年。前半戦、無事卒業。後半戦、踏み出し開始。
(偶然、当記事投稿ナンバーも記念すべき1000に...。)
09:29 | 《 Coffee-Break Topics 》 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
ごめん!ガラ悪くて...
暮れの この日 (=フラメンコおさらい会)に撮ったのは、あんな「おすまし」だけでなく、こんな「おちゃらけ」版 ↓ も実は撮ってたという...(ヤンキー座り&ドヤ顔で失敬。でもコッチの方が、実は本性に近いかも...。)

ピンクのブラウス着てジャンプしてるY子さんが急遽仙台に転勤が決まり、元のクラス仲間で緊急送別会の運びとなり、本日遅れて入手。



Y子さん、一緒に進級して頑張ってたのに...淋しいなぁ。。。
せめて来年ある次の発表会、一緒に出たかった...。
18:29 | ☆ 踊るピアニスト | comments(0) | trackbacks(0)| - |
Light Line 2018
新年早々2人してインフルエンザで寝込んでしまい、遅くなりました。


(taken & designed by Walti Bucheli)
18:39 | 《 New Years Cards 》 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
さらば 2017
終わるのか、今年も。げに凄まじい1年だったな。
Fresh Steps というのは、こういうことだったのか...。
続章はどうなるんだろう?来年のこの日は何を思うんだろう?

来年も家族皆が健やかに心穏やかに過ごせますように。
少しでも世の中が光の当たる方へと向かいますように。

神様、1年間お守り下さりありがとうございました。
18:51 | 《 Coffee-Break Topics 》 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
フラメンコおさらい会
12/9に、フラメンコの「おさらい会」(兼忘年会)がありました。内輪だけの(=先生の全クラス合同だが参加希望者のみ&外部からの観客無し)、とあるスタジオでの気軽なクラス同士発表の場 (とはいえ発表会時とほぼ同メンバーによる生演奏付き)。

5ヶ月前の発表会でやった題目も前のクラスと久々再演。今のクラスで出来てる所までの振りもお披露目。人前で踊る気分も発表会経験後ではまた違うような...。そしてまた、観てる側のはやし立て方(?)も皆上手くなってたような...(ステージでなくアットホームな会だから余計感じたのか)。

今やってる「ティエント」は、前の陽気な(フラメンコにしては珍しい)「セビジャーナス」(=スペイン版盆踊り?)とは打って変わって、渋く粘っこく深みあるオトナな踊り。よりフラメンコらしく、2年後の完成が楽しみ(これがやりたくて思い切ってこのクラスに進級させてもらった所も)。前のクラスは「ガロティン」という帽子を使ったコミカルな踊りを披露。彼らとの再会も、頑張ってる様子が見れたのも刺激になり嬉しかった。上のクラスの秘かに目標にしてる人とも交流できたり...。

発表会時の このファルダ(スカート) だけ使用し、上はほぼ普段着。髪もそのまま。
(去年は練習着しかまだ持ってなかったから こんな だったけど。)



トリではアンコール風に先生が普段着のまま即興でカッコよく踊ってらした。あんなことができるように(ピアノ演奏の合間にでも?)自分もなりたいものです。(ちなみに先生のブログ記事は コチラ 。)
12:57 | ☆ 踊るピアニスト | comments(0) | trackbacks(0)| - |
ジャズフェス@チューリッヒ
4泊6日(スイス滞在期間最短記録)で チューリッヒのジャズ・フェスティバル に行ってきてしまった。直行便で行って、本当にチューリッヒにのみ滞在でパパッと行って帰ってきた感じ(宿泊は airbnb 利用)。

夏・秋...と実家の問題一掃ウミ出し期を迎え、一難去ってまた一難...槍が来ても鉄砲が来ても障害物競走の如く、果敢に1人奮闘しながら数々の難題を解決してきた私(自分を褒めてやりたい)。人生の次なるステージへの避けて通れないハードル越えに逃げずに向き合ってきた。このくらいの中休み(まだ渦中にいる)してもバチは当たるまい。短期間で我ながらタフな大人になった。きっと私の演奏、変化してる。この辺で、耳やら五感ででも栄養補給だ。お陰で模索中だった自分ならではの演奏スタイルへのヒントや引き出しも増えた。ついでに大波乗り越えるために必要な、面と向かって(電話やメールじゃ限りあり)の相方との積もり積もった話し合いも持てて、短いながらも有意義だった。

「ピンチはチャンス」「災い転じて福となす」「Never Give Up」の精神で、乗り越えた先には新たな未来が待ってると、信じて祈りながらまだまだ進む。1日1日を無駄にすることなく。...負けないぞ。
22:29 | 《 Coffee-Break Topics 》 | comments(0) | trackbacks(0)| - |